料理

フィリピン人が選ぶ!おすすめフィリピン料理10選!

こんにちは!

フィリピン料理は日本ではあまり知られていませんが、実は日本人の味に合う料理はたくさんあります。

フィリピン料理は主にお米、豚肉、鶏肉、魚がよく使われていて、醤油、酢、ケチャップ、ココナッツミルク、唐辛子、魚醤、黒砂糖はフィリピン料理で欠かせない味付けです。

またフィリピン料理は甘い味付けが特徴です。

フィリピン人も日本人と同様に白いお米が大好きです。

今回はフィリピン人がおすすめするフィリピン料理10選を紹介させていただきます。

おすすめフィリピン料理10選

Adobo (アドボ)

Best Chicken Adobo Recipe - How to Make Chicken Adobo

アドボは豚肉か鶏肉を醤油や酢にマリネし、煮込んだ料理です。

食べると甘酸っぱく、お肉の柔らかい食感と酢の適度な酸味が効いています。

アドボの汁の塩味と甘さが白いご飯にマッチします。フィリピン家庭には最も欠かせない料理で、作り方も人々によって異なっています。

唐辛子を入れた辛味のあるアドボも美味しいです。

Sinigang(シニガン)

Sinigang na Baboy Recipe (Pork Sinigang) - Recipe Ni Juan | Recipe ...

フィリピン料理といえばシニガンです!

シニガンは豚肉、魚、エビなどと一緒に野菜を加えて煮る料理です。

タマリンドというマメ科の果物か柑橘類のカラマンシーを加えることで酸っぱくするが特徴です

野菜はダイコン、トマト、ナス、オクラ等が含まれていてとてもヘルシーな料理です。

酸味がほどよく、白いご飯と一緒に食べるととてもおいしいです。

スープの色が濃い場合は背脂が豊富に入っていて以外とコクがあります。

フィリピンの暑いビーチサイドで汗をかきながら食べるとフィリピンを感じることができる絶品です。

Sisig(シシグ)

Authentic Kapampangan Sisig recipe using pork belly | Foxy Folksy

シシグは豚肉を細かく刻んで、ニンニク、玉ねぎ、唐辛子、卵と共にバターで炒めたフィリピン定番の鉄板料理です。

一般的には豚の頬肉を使いますが、バリエーションが様々で、耳や内臓も入れる場合もあります。

おかずとしてご飯と食べるのもピッタリですし、辛味と材料の味付けが効いてるのでビールのおつまみとしても最高です。シシグは脂っこいため、普段はレモンかカラマンシーという柑橘系のフルーツを絞って食べます。

カラマンシーと脂のバランスが絶妙な料理です。

シシグは超美味いのでかなりオススメなフィリピン料理です!

Lechon (レチョン)

Lechon Authentic Recipe | TasteAtlas

フィリピンのイベントで無くてはならないレチョンという子豚の丸焼きです。

残酷に見える調理方法ではありますが、フィリピン伝統の料理で豚を丸ごと炭火でじっくり焼き上げる料理です。

皮がパリパリで中身はなめらかでジューシーです。レチョンの甘いソースがお肉とよくあいます。バナナの葉っぱで熱いご飯と手で食べるのも美味。フィリピンビールのサンミゲルを飲みながら食べると最高な料理です。

是非試してみてください!

Kare kare(カレカレ)

How To Cook Kare-Kare (Oxtail Stew) - Asian Recipe

フィリピンのお祝いや家庭料理に欠かせないのがカレカレです。

見た目と名前からカレーと連想されるかもしれませんが、これは肉牛や豚肉、チンゲン菜、バナナの花などをピーナッツバターで煮た料理です。

甘いピーナッツバターが味付けになるのは想像しにくいのですが、こちらで使用されているピーナッツバターは甘い味付けがないカレカレ用のピーナッツバター。

カレカレの香りがよくまろやかなスープと野菜の爽やかな味わいが口に広がり、癖になります。特にバゴオンと呼ばれる小エビを塩漬けにした調味料と一緒に食べるととてもおいしいです。です。

Lumpia(ルンピア)

Homemade Lumpia Recipe by Tasty

ルンピアもフィリピンの誕生日やお祝いになくてはならない料理の一つです。

フィリピンのストリートフードとしていろんなところで見かけられます。

ルンピアはフィリピンの春巻きです。

中には挽肉か魚が入っています。通常はお酢かチリソースにつけて食べます

サクサクしていて歯ごたえがあります。

Bulalo(ブラロ)

Bulalo - kawaling pinoy

ブラロはタガイタイというマニラ首都圏から南へ1~2時間ほどで行ける市の名物料理ですが、全土で食べられています。

牛肉と牛骨をじっくり煮込んでダシを取ったスープです。

牛肉と一緒にインゲン、トウモロコシ、タマネギ、白菜が入っていています。スープをすすってみると素材がいい感じで活きていて、のどごしも良く、骨髄から染み出した濃厚な旨味エキスも最高です。

肉もすごく柔らかく口にとけます。ビーフコンソメみたいな料理で、日本人にも馴染みがあるでしょう。

フィリピンの梅雨か涼しいタガイタイで熱いブラロを食べるとすごく合います。

Bicol express(ビコール・エクスプレス)

How to Cook Bicol Express - Panlasang Pinoy

ビコール・エクスプレスといえばルソン島南部にあるビコール地方の名物料理の一つです。

豚肉とたっぷりな青唐辛子をココナッツミルクに煮た料理です。

ココナッツミルクで作られているのでクリーミーで唐辛子の激辛が効いています

柔らかく脂っこい豚肉、ミルキーだけどスパイシーなココナッツミルクは絶妙なバランスです。

ビコール・エクスプレスはご飯と食べるとたまらないほど美味しいので、ぜひ試してみてください。辛いのが苦手な方はマイルドを注文してください。

Humba (フンバ)

Authentic Visayan Pork Humba Recipe | Foxy Folksy

フンバはアドボにそっくりなセブの名物料理です。

アドボと比べてフンバには甘味が加えられています。

豚肉とバナナの花を醤油とパインアップルジュースで煮た角煮です。パインアップルジュースが入ってるので「甘すぎない?」と思うかもしれませんが、醤油の塩味とパイナップルジュースの甘味のバランスは完璧で、肉もまろやかでジューシーです。

Kinilaw(キニラウ)

Kinilaw - Filipino version of Ceviche? | Foxy Folksy

ミンダナオ島のダバオという街の家庭料理で、生魚を使ったマリネです。酢でしめた生魚、唐辛子、フィリピンのきゅうり、ショウガ、玉ねぎ、そして香りの強い薬味をココナッツミルクが美味しくまとめる食べ物です。

キニラウのフレッシュな食材は、食べるとサッパリしていて酸味とピリ辛な食感も強烈、後味も残り癖になります。

南国らしく、ビールのおつまみとして食べるのもオススメです!

まとめ

フィリピン料理はご飯と合わせるための調理法で作られているので、ご飯と食べるのが一番です。

甘い、辛い、酸っぱいなど様々な味覚を体感できるのもフィリピン料理の特徴の一つ。フィリピン料理の食事をする際にはフィリピン定番ビールのサンミゲルビールを飲みながら食べてみてください。

皆様もフィリピン料理のどちらが自分の口に合うのか一つずつ試してみて、楽しんでください!

ABOUT ME
PHGO
PHGO(フィリピンGO)の管理人です。 フィリピンや留学・英語学習に関する事などお役立ち情報を配信しております!