未分類

『TOEIC900点保有者が教える』超効果的な英語スピーキングの勉強法を紹介!

こんにちは!大学生ライターのゆえゆいです!突然ですが皆さんの中に、「英語を話せるようになりたいけどどう勉強すればいいかわからない」「自分に何が足りないのかがわからない」という方はいませんか?

今回の記事はそのような悩みを解決する記事となっています!

これから英語を話せるようになりたい人、仕事や勉強などで英語が必要な人、英語を使ってやりたいことがある人がいましたら、この記事は必見です。

日本人がずっと英語を話せない原因、効果的なスピーキング力の伸ばし方、私が実際に使用していたおすすめの教材や勉強法も合わせてご紹介しているのでぜひ最後までご覧ください!


なぜ英語が話せない?2つの原因!

日本人は英語が話せないというのは有名で、よく聞く話だと思います。では日本人がなぜ英語を話せないのかという原因は聞いたことはありますか?私が思う原因は大きく2つあります。

  1. アウトプットが足りない
  2. .完璧な状態を目指してしまう

この2つを詳しく解説していきます。

1.アウトプットが足りない

これが一番大きな原因だと思います。

皆さんが今まで受けてきた義務教育の中で英語の授業と聞いて思い出す光景はどのようなものでしょうか?

先生が黒板に英文を書いて訳す練習をしたり、文法書を読み込んだり長文を読んで問題を解くといった場面が多いのではないでしょうか?

今学生時代を思い出していただいた中で、英語を話す練習をした授業はどれくらいあったでしょうか?

きっとほとんどないと思います。

第2言語を習得するにはインプットとアウトプットが欠かせません。

インプットは先ほどお話した文法を理解する、英文を読むといった作業に当たります。

アウトプットというのは習った文法をもとに自分で新しく例文を作り、実際の英会話の中で使ってみるということが挙げられます。

この理論を踏まえると日本のCMなどでよく見かける「聞き流すだけで英語が話せるようになる」というのもありえない話になりますよね。

しかし、これを信じてインプットを続けている日本人も多いと言われています。

インプットとアウトプットをセットで行なうことによって初めて英会話の土台が完成すると言えます。

2.完璧な状態をめざしてしまう 

続いて原因の2つ目を解説します。

日本人は仕事などにおいて「完璧主義なところがある」というイメージを持たれがちですが、この完璧主義が英会話学習にも影響を与えています。

英語学習を始めた人によくあるのは、英語が話せるようになるまで人前では話さないということがありますね。

しかし、このような考えは非常にもったいないです。

海外から来た人が片言の日本語を話していても『今の発言は文法的におかしかったから修正してあげよう』とは思わないですよね。

もしあなたが英語学習の初心者で、間違った英語を話していても試験ではありませんので誰も気にしません。

むしろ、話を聞いている相手にとっては慣れない言語で頑張って自分の意見を表現しようとしている姿に対して好感を持ってくれると思いますよ^^

海外から来た方がテレビのインタビューなどで覚えた日本語を話してくれると嬉しい気持ちになりますよね。

それと一緒です♪間違うことは怖がらず、英語を話せる機会があれば積極的に発言してみましょう!

英語が話せるようになるには?

ここまで英語が話せない原因を解説してきました。この話せない原因を克服するための勉強方法を2つ挙げます。

①英語の知識をインプットする

②知識をアウトプットする練習を重ねる

英語が話せるようになるプロセスはこのようになっています。

1番と2番のプロセスを何度も繰り返し行なうことが英語スピーキング力上達へのカギになります。

先ほど一緒に確認した「英語が話せない原因」とは真逆の内容になっていることがわかるかと思います。

それではこちらについて順番に解説していきます。

①英語の知識をインプットする

まずスピーキング力アップのためにやることは知識のインプットになります。

まずは①発音 ②英単語 ③英文法 の3つのインプットに力を入れましょう。

1.発音

日本の義務教育の中では英語の発音に特化した授業はほとんどないと思いますが、英語を話すときにおいて発音というのはかなり重要な役割を持っています。

正しい文法で正しい単語を話しても相手に伝わらないと意味がありませんよね。

非常にもったいないことになってしまいます。発音をよくするには自分の声を録音してお手本の音声と聞き比べる、発音記号を学ぶ、音の繋がりを学ぶことが非常に有効です。

現在ではインターネットでは無料の英語辞書などがたくさんあり、音声も公開されているので簡単に始めることができますね。

また、YouTubeには多くの英語学習系動画が公開されており、発音矯正を得意としている人もいます。

これらを駆使して発音に力をいれてみてくださいね♪

2.英単語

続いて勉強するのは英単語です。中学校や高校の間は「英単語はとにかく書いて覚えろ!」と指導された人も多いのではないでしょうか。

私もその一人なのでよく覚えています。

しかし、今回の記事のテーマである英語のスピーキング力向上においてはこのひたすら書くという練習は何の意味もありません。

英単語を効率よく大量に暗記するには英単語帳を何週も何週もしてください。

英単語1つ1つにかける時間よりも「視界に入れる回数」を重視してください。

1冊の英単語帳を何週も何週も速く行なうことで大量にインプットできるようになります!

また、単語帳を使うときにはぜひ発音も合わせて行ってくださいね。

英単語を暗記するだけでなく同時にスピーキングの発音の向上にも繋がりますし、なにより記憶に残りやすくなります!

余裕が出てきたら自分の身近な状況と照らし合わせて例文を作って音読することもおすすめします!

3.英文法

続いて必要な知識は英文法です。

日本人はリーディング、文法重視の英語教育をずっと行なってきたので特に大学受験経験者は文法の知識がちゃんとしていると言われています。

しかし、試験のために覚えた知識と英会話で実際に使ってみることは違います。

ですので英会話に活かせるように実践的な次の文法学習をおすすめします! 

  • 文法書をすみずみまで読み込み完全に理解する
  • 覚えた文法事項を使って例文を作成する
  • 作った例文を音読する

この3つを何度も繰り返し行います。

特に①の「完全に理解する」状態になるには、自信を持って他人に教えられるレベルを目指すのがおすすめです。

一般的に、人間は他人に講義を行なうことで初めて知識が脳に定着したと言えるとされています。

こちらは先ほど解説させていただいた英単語の勉強とは正反対で、ひとつの文法事項に時間をかけてじっくりと理解するところから始めます。

ここでも音読を忘れずにすることで発音の向上にも繋がります!

文法書には様々なものがあり、大学受験に対応しているもの、社会人の学びなおし向けに出版されているものなど多種多様です。

そのため、実際に本屋さんへ行って現在のあなたのレベルにあっているものを探してみることをおすすめします。

②知識をアウトプットする

先ほどは英語を話すための土台となる3つを解説しました。

続いて、この3つを使って英会話の練習を始めて行きたいと思います!

この3つがインプットですので次はアウトプットが必要になります。

しかし、皆さんの中には「アウトプットなんて留学しないとできない」「外国人の友達がいないから英語を話す機会がない」と考えている方もおられるのではないでしょうか。

このような不安を解消する勉強法を2つご紹介します!この2つは日本から出なくてもアウトプットの練習ができますよ。

  • 英語でひとりごとを言う
  • オンライン英会話を使う

この2つの効果的な使い方と私が個人的におすすめする勉強法について解説をしますね。

英語でひとりごとを言う

まずご紹介するスピーキング勉強法は英語でひとりごとを言うことです!

びっくりされた方も多いのではないでしょうか。

「ひとりごとって効果あるの?」と思われがちですが私自身、ひとりごとで英語力を伸ばした一人なので今回自信を持ってお勧めしています!!

とはいっても「なにを独り言で言えばいいのかわからない…」という方もおられるのではないでしょうか。

そこで私が実際にやっていたやり方をご紹介します。

  • ①今日の出来事を英語で話す
  • ②それについて思ったこと、気づいたことを話す

まずは今日の出来事を順番に話していきます。

I woke up at 7 and I ate breakfast with my family. 

(私は7時に起きて家族と朝食を食べた)

After that, I went to the station and got on the train to go to the highschool.

(その後、駅へ行って高校へ行くために電車に乗った)

In history class, I learned how Japanese policy changed.……

(歴史の授業で日本で政治がどのように変わったのかを学んだ)

というようにまずは事実のみを並べて話します。

私が高校生の時に行っていた勉強法なので内容が学校の話になっています。

次にその出来事を体験して思ったことを述べていきます。

I was surprised that Japanese women didn’t have voting rights in 1889.

(1889年には日本の女性選挙権がなかったことに驚いた)

というような感想を述べます。

私は毎日お風呂の時間に今日会ったことと考えたことをこのようにアウトプットしていました。

私は他に話すネタがありませんでしたし、授業の復習にもなるので学校の話に限っていましたが他に話したいことがある人はいろいろな話題に挑戦してみるのもおすすめです!

まだ慣れない、という方はまず言いたいことをゆっくりと頭の中で考えたり、文章を紙に書き出してみることから始めるのがおすすめです。

その後、発言し、何度も繰り返すことによって英語を瞬時に発言できる状態を作ることができます。

オンライン英会話

次にご紹介するのはオンライン英会話です!

新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増えた今、挑戦している人が多いようですね。

ここでオンライン英会話がおすすめな理由はひとりごとでは補えない部分をカバーするためです。

ひとりごと勉強法もかなり有効ですが、自分の間違いに気づきにくい、会話のキャッチボールができないなどという欠点があります。

自分のミスは英単語や発音、文法を勉強していれば気づけますが、やっぱり誰かを相手に話してミスを一緒に直したほうがやる気になるという方もいますよね。

そのような方には特におすすめです。

実際に私が今でも継続して行っているオンライン英会話を紹介しながらオンライン英会話とはどのようなものなのか、またそれを使った勉強法を解説してきます。

オンライン英会話を使って英会話をしてみよう!

私の使用しているオンライン英会話はNative Camp.です。

こちらは一律料金になっていて月額6480円でレッスンが受け放題となります。

無料体験はこちら


また、多くのオンライン英会話サービスでは講師のスケジュールを見て予約が必要ですが、ネイティブキャンプでは予約をせずにあなたのご都合に合わせてレッスンがしたいときに受けることができるのが特徴です。

学校や仕事が忙しい、家で家事をする合間にレッスンをしたいといったいろんなニーズにこたえてくれるサービスが魅力です!

また、オンライン英会話では25~30分のレッスンがデフォルトですが、こちらのサービスでは5分や10分などの短い時間でもレッスンをしてもらうことができます!

主な講師はフィリピン人講師ですが、セルビアやアルバニアをはじめとしたヨーロッパ出身講師、アメリカやイギリスなどのネイティブスピーカーもレッスンを担当しています!

日本人講師も多く在籍していて、私は英検前は対策に慣れている日本人講師に、普段のレッスンは海外出身の講師にと目的に合わせて講師の出身国を選んでいました!

普段の生活では会うことのない国の人といろんな会話ができる点も非常にお得なポイントですね^^

私がオンライン英会話を始めた当初使っていた教材はトピックトークになります。

トピックトークはその名の通り、特定のトピックを取り上げてレッスンを通して講師とディスカッションを行います。

教材で用意されているトピックは「観光」「ジェンダー」「観光」「インターネット」「ジェネレーションギャップ」「恋愛と結婚」「安楽死」「人生観」など本当に様々です。

これらのトピックを通して自分の英語力が上がるだけでなく、講師の国の価値観や文化の違いも学ぶことができます。

教材に書いてある質問に生徒が答えてそのあとに講師とディスカッションをするパートがあります。

そこで講師と教材のテーマについて意見交換をすることで語彙力アップや異文化理解などさまざまな効果が期待できます!

トピックトークをおすすめする理由は、会話の流れが想定しやすく、予習しやすいためです。

トピックトークのおすすめの使い方は①念入りに予習(インプット)②レッスンでアウトプット です。

まずは①インプットについて解説します。

ひとつの教材ひとつのトピックなので講師とどんな話をするのかが予想しやすいです。

例えば、ジェンダーの話題だと使われそうな単語は”gender discrimination(男女差別)”や”gender equality(男女平等)”と想像しやすいですよね。

次に②のレッスンでアウトプットです。レッスンではお互いの国の現状や課題について聞かれることが多いです。

ここで表現できなかったこと、また新しく学んだ単語などを控えておきましょう。

レッスン後、うまくできなかった表現や単語を復習することで予習→復習のサイクルができあがります。

上記の教材や勉強法はあくまで私がスピーキング練習のために使用していたものです。

トピックトーク以外にももちろん、他にもたくさん便利で楽しい教材があるのでぜひ試して自分にあったものを探してみてください!

ただ、オンライン英会話を使う際には必ず予習をしてからレッスンをするようにしましょう!

これは実際に私も経験があるのですが、予習をしてどんな内容を話すかざっくりでもいいので決めておかないと曖昧なことしか言えず、講師主導のレッスンになってしまい、不完全燃焼なレッスンになってしまいます…。

ですので英会話に慣れないうちはまず予習をしてからレッスンを行なってみてくださいね!きっと上達を感じられますよ♪

また、レッスンを何度もやっていく中でお気に入りの先生や勉強法が見つかるといいですね。言いたいことが伝わり、英語の勉強を楽しんで行なえるようになるときっと継続もしやすくなりますよ^^

最後に

日本で生まれて日本で生活を続けてきた人たちにとって、外国語を話すことはとてもハードルが高く、難しそうに思えますよね。

しかし、英語が話せないのには必ず理由があり、原因をひとつずつクリアしていけば必ず上達に近づくことができます!

勉強していく過程でつまずいてしまったり、挫折を味わうことがあるとは思いますが、あとから振り返っていい思い出にできるようにコツコツ一緒に頑張りましょう!

今だけ無料体験実施中⇊

オンライン英会話ネイティブキャンプ

ABOUT ME
リアル英語
英語学習メディア『リアル英語』の管理人です。 英語学習に関する事、その他留学相談・フィリピンに関する事などお役立ち情報を配信しております!
英会話サービス診断

あなたにお勧めなオンライン英会話サービスが見つかる!

診断をする