お役立ち情報

フィリピン留学はいつ復活するの?【コロナの状況】

この記事でわかる事

・現在のコロナの状況

・フィリピン留学はいつ行けるようになるのか?

・フィリピン留学はオワコン?

・今後はオンライン英会話

まずは最初に現在のフィリピンのコロナに関する近況をお伝えします。

フィリピンではまだまだ感染者数が増えております。

2020年7月10日現在、フィリピン日本大使館より以下通り発表されております↓

●6月30日,フィリピン政府は,7月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。
 
●セブ市は,強化されたコミュニティ隔離措置(ECQ)に置かれており,フィリピン当局は,セブ市の保健システムがひっ迫しているとの見方を示しています。

https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00157.html

要約するとフィリピンの一部地域では引き続き強い隔離措置が行われており、

それにより海外からはもちろんのこと、国内での移動すら禁止されている状況です。

またコロナの感染者数は累計4万6333人(7月1日現在)と日本の累計2万人の2倍以上となっており、この数字も日々伸びています。

フィリピン留学はいつ行けるようになるか?

それではフィリピン留学はいつからいけるようになるか気になる方も多いと思います。

今後フィリピンではビザの取得すら難しくなる可能性があります。

コロナの影響によりフィリピンでは厳格に移動を取り締まりされている(場所によっては買い物すら制限がある状況)ことから、

2020年内には観光することすら難しいと想定されます。

またフィリピンで語学学校の多いマニラやセブでは、再開予定を未定としている語学学校が多いです。(逆に再開しているほうがおかしいです)

入国すらできないことから学校が受け入れをよしとしても現実的に留学ができる状況ではありません。

またコロナによって留学がキャンセルとなった方で、語学学校から返金がされないといったようなトラブルも続出している為、この時期に留学を申し込み、留学代金を払うことは非常に危険です。

コロナにより留学エージェントや語学学校も経営上非常に苦しい状況にある為、最悪の場合は倒産→返金されないといった事も想定されます。

またコロナによって留学がキャンセルとなった方で、語学学校から返金がされないといったようなトラブルも続出している為、この時期に留学を申し込み、留学代金を払うことは非常に危険です。

したがって2020年内に留学をすることは非常に難しく、早くても2021年以降、日本政府・フィリピン政府の両国で渡航緩和された状態でようやく入国ができるかと予想されます。

今後はオンライン英会話が現実的

フィリピン留学を検討している方は、英語力を短期間で取得することがまず一番だと思いますので、まずは日本でできる限り英語を学習して取得できるようにすることをお勧めします

そのうえで、もし留学ができるようになったらラッキーというような感覚に切り替えるといいでしょう。

また多くのフィリピンの語学学校では、留学による売上が激減したため、オンライン英会話の提供もスタートしております。

オンライン英会話の様子

ただしオンライン英会話も安ければいいというわけではありません。

オンライン英会話を選ぶ際のポイントは3つです。

① 講師のネット環境はいいか

② 料金が高すぎないか

③ 運営会社の経営状態に問題はないか

特に②に関してはたいした付加価値もないうえに、『ただのオンライン英会話』を『オンライン留学』といった高額な商品として販売している業者もいますので注意が必要です。

下記が大手オンライン英会話の料金価格となりますのでご参考ください↓

価格
DMM英会話6,480円 月30回/25分
レアジョブ英会話6,380円 月30回/25分
ネイティブキャンプ6,480円 月30回/25分
オンライン英会話料金比較

例えば月に数万円もするような内容であれば考え直すことをお勧めいたします。

まとめ

以上が現在のコロナ禍におけるフィリピンの状況と、今後いつフィリピン留学へ行けるようになるのか、現地の情報などを参考してうえでのまとめとなりました。

多くのフィリピン人講師も留学生が減り、仕事を失っているため2020年中の復活を期待したいところですが、

現実的に2021年以降になる可能性が高いので皆さまもそれを想定した英語学習計画を立てていくことをお勧めいたします。

ABOUT ME
PHGO
PHGO(フィリピンGO)の管理人です。 フィリピンや留学・英語学習に関する事などお役立ち情報を配信しております!