フィリピン観光

フィリピンの避暑地【バギオ】のおすすめ観光地7選!

女子旅や語学留学ブームによっ、近年ますます人気急上昇中のフィリピン

※2021年6月現在はコロナで行けないです。。。

そしてフィリピンと言えば、リゾート地で有名なセブ島首都マニラが有名ですが、今回ご紹介する「バギオ」とは、一体どのようなところかご存じでしょうか??

今回は、フィリピンの避暑地で知られるバギオのおすすめ観光スポットを、厳選して7箇所ピックアップしてみました♪

ぜひ、旅行計画の参考にして頂けると嬉しいです!

【バギオ】についてもっと詳しく!

「バギオ」はフィリピンの避暑地として、近年人気が高まっている高原都市になります。

マニラと同じルソン島にバギオはあり、マニラからバスで約6時間ほどで到着します。

標高1500mの山岳地帯に位置するため、最高気温も26度程と熱帯性気候のフィリピンのなかでも比較的涼しいのが特徴です。

世界遺産(ユネスコ)に登録されている「コルディリェーラの棚田群」が近くにあり、観光スポットも豊富!また山に囲まれていることもあり、ハイキングや登山も楽しめます◎

The Breathtaking Ifugao Rice Terraces of The Philippine Cordilleras
「コルディリェーラの棚田群」

アウトドアが好きで、海よりも山が好きな方には、気持ちいい大自然で最高なエリアです!!

しかもマニラやセブ島よりも物価が安く、例えばポテトチップス一袋なら30円ほどで買えますよ♪

では早速、バギオのおすすめ観光スポットを覗いていきましょう!

バギオ大聖堂

最初にご紹介するバギオの観光スポットは、「バギオ大聖堂」です!

バギオ大聖堂内部にある、ステンドグラスは特に美しいことで有名なので、バギオにきたら見る価値あり◎

ミサの時間帯になると、多くのフィリピン人が集まり、日本ではあまり見られない信仰心を見ることもできます。

バギオ・シティマーケット

次にご紹介するバギオの観光スポットは、「バギオのシティマーケット」です!

シティマーケットでは、色とりどりの野菜や果物が豊富で、バギオの”庶民の台所”として愛されています。

食べ物のみならず、洋服やお土産なども販売されているので、歩くだけでも楽しめちゃいます。

タクシーで「シティマーケット」と伝えればOK!です!

ちなみにセッションロードからでしたら、歩いても行けますよ◎

メリノール・エコロジカル・サンクチュアリ

続いてご紹介するのは、「メリノール・エコロジカル・サンクチュアリ」です!

宇宙の起源~人類の誕生、宗教の始まりなどをミニチュア化して表現するという、一風変わった知的空間が特徴的。

森林の中には、そんなミニチュアに加えて、吊り橋や洞窟も設置されているので、ハイキングコースとしても人気で、全体をゆっくり歩いて1時間ほどで回ることができます。

キャンプ・ジョン・ヘイ

お次にご紹介するバギオの観光スポットは、「キャンプ・ジョン・ヘイ」です!

”キャンプ・ジョン・ヘイ”には、かつての米軍基地があります。

米軍が1903年に設計し、第二次世界大戦時は日本人やアメリカ人の強制収容所にされたりと、悲しい歴史が物語る場所でもあります。

ですが現在では、その広い敷地を活かしてショッピングモール、高級ホテル、レストラン、ゴルフコースとして利用されており、またトレイルコースもあるので楽しみ方はさまざまです!

セント・トマス山

5つ目にご紹介するバギオの観光スポットは、「セント・トマス山」です!

バギオのサンライズスポットとして人気を博しており、頂上までの景色は絶景で、上からバギオの全景を眺められます。市街地からタクシーで約40分ほどで到着。

ちなみにセント・トマス山は、別名「ミッキーマウンテン」の愛称でバギオの人々に親しまれています。

頂上に2つの大きな丸いレーダーが建っているのですが、遠くから見たときにミッキーマウスの耳みたいに見えることから、このように呼ばれるようになったのです。

バギオのどこからでも確認できますよ!

朝日も素敵ですが、晴れた日の夜には満天の星空を楽しめるのも人気の秘訣です☆

ダイナソー・アイランド

6つ目にご紹介するバギオの観光スポットは、「ダイナソー・アイランド」です!

バギオ郊外にあり、あまり知られていないコアなテーマパーク。

市街地から少し離れた山肌には、18体の恐竜の姿が見られ、迫力満点な大きな恐竜たちと、ガイドによる詳しい説明、さらにフィナーレには、ダイナソー・アイランド名物である「恐竜ダンス」が見られます。

写真スポットも多いので、SNS映えも狙えるかも?

アシン温泉

最後にご紹介するバギオの観光スポットは、「アシン温泉」です!

バギオから約30分離れた場所に「アシン温泉」があり、標高は1000メートル以上下ることから、気温はとても蒸し暑いエリアになります。

南国で入る温泉もまたいいものです。ぜひ水着を持って秘湯感を味わってみませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バギオは首都・マニラから離れた場所にありますが、避暑地としてかつてより人気が高く、またさまざまな歴史を感じることができる都市ではないでしょうか。

マニラやセブ島のような賑やかさなどはありませんが、バギオでは落ち着き、癒され、安らげること間違いなし!

賑やかな地域やビーチを少し離れ、高原の避暑地で疲れを癒してみるのも良いかもしれませんね。

ABOUT ME
Aimy
『リアル英語』でWEBライターをしています! セブ島に半年間に留学経験あり☆現在は年中girlのママとして育児に奮闘中です!英語・旅行・カラオケ・キャンプ・BBQ・お酒大好きです♡ よろしくお願いします^^
英会話サービス診断

あなたにお勧めなオンライン英会話サービスが見つかる!

診断をする